柿澤秀吉のブログ

    2017.05.15 Mon

    むだいの音楽会2017 東京編

    写真がこれしかない

    5/13

    下北沢エラ

    新たなスタートがきれました

    アイロックスぶりのステージ

    緊張感はあったけれど

    本番 ふしぎとすごくリラックスしていた

    気がする

    たぶん。。

    とにかくきもちよかった

    伝わるさまが 眼に映るようでした

    あの瞬間 あの場所にいた

    すべての方と 繋がれた気がする

    たぶん。。

    出演してくれた

    popoq 暮らしのヒント Foxtrot

    ありがとう

    たぶん見るのはじめて

    って方 たくさんいたと思う

    対バンいいからいこー

    ではないところで

    集まってくれた人たちとだから

    作れた空気だったのかなーー

    たぶん。。

    あいすべき後輩たちなので

    よしなに

    ああ!

    ライブ中も うざいくらい言ってたかもだけど

    楽しかった!まじで!

    バンドって 音楽って ライブハウスって

    すばらし

    名古屋大阪とつづきます

    会えますように

    その前に

    ハルカミライのツアーもありますね

    待ってます!

    2017.05.10 Wed

    一色さん

    ぼくが つばき というバンドの曲を

    ちゃんと聴いたのは2006年のことだった

    それまで “下北ギターロック” 的なムーブメントが ザ田舎者 の私としては

    ふん 都会のもんはよーわからん

    と 食わずぎらいしてた時期がありまして

    なかなか出会おうとしなかったんですね

    (今ではすきなバンドたくさんあります)

    そんなとき 当時のタワレコ高崎で

    流れてた曲がすごくよくて

    みたら つばき の 花火 という曲で

    素直に買ったのをよーーーく覚えてる

    そしてその翌年

    2007年の秋ごろ 高崎クラブフリーズ

    はじめての共演

    その頃の僕らといったら

    とにかく爆音で ステージで暴れまわる

    なんとも荒くれた時代で

    それこそ つばき のすばらしい演奏のあとに

    トリの 僕らは ぐちゃぐちゃにやらかして

    イベンターさんに めちゃくちゃ怒られた

    でも あくまでそれがその時の 僕らの表現で

    それが伝わらなかったことが

    すごく悔しくて

    楽屋にもどったら

    さいっこうだったよー 群馬にこんないいバンドがいたんだなー

    と笑ってくれたのが 一色さんでした

    大げさでなく すごく救われたのです

    その頃から たまに 連絡をとりあうように

    2010年頃 一色さんから電話をもらって

    翌年の つばき のイベントに誘ってもらった

    すごくうれしかった

    けれどその数週間後にまた電話をもらって

    脳のこと と イベントの中止を聞いた

    何を言えばいいかわからなかったけど

    またかならずやろうと誓ってくれた

    その3年後

    ステージに帰ってきてくれて

    正夢になった夜 に誘っていただいて

    ほんとに正夢になったのです

    その日 ステージ袖から見てた

    つばき のステージを きっと忘れることはないと思う

    そのくらい すごかった

    太陽 という曲をその時すきになって

    今もよく聴く

    その時渡した テトテの魔法 シングルを

    気に入ってくれて

    特に 夕の魔法のアコースティックがすばらしかったと褒めてくれた

    僕はいつも 一色さんが ポロっとつぶやく一言に 救われてきた

    そんな人に おれもなりたいと思った

    そういえば

    メジャーから 自主になって

    タフになった つばき の姿は

    今の自分たちに 少なからず影響してると思う

    僕らが自主になって 最初のアルバム

    テルハノイバラ

    のレコ発企画にも つばき に出演してもらった

    その時 一色さんとたくさん話した

    自主になってから 名刺を持って

    自分で売り込んでいる と聞いて感銘を受けた

    昨年リリースしたアルバム ロックンロール で

    ようやく僕も そこまで行動できるようになったけれど まだまだ足りてない。。

    ほんとにすごいことを やってるんだなぁ。。

    と実感

    打ち上げでも たくさん話した

    たくさん毒を吐く一色さんに 笑いに笑った

    なかなか会えずとも 音源が完成しては送った

    まさかもう会えないなんて 思ってなかった

    きのう それせか しのさんから連絡をもらった

    テルハノイバラのレコ発企画に

    それせかも出演していたことがきっかけで

    しのさんと 一色さんも仲良くなってくれた

    亡くなる前日に 病院に訪れていたようで

    その時の様子を教えてくれた

    つらいきもち、から

    話していくにつれて

    あの時はこうだったねーとか 昔話に花が咲いて

    次第におたがい笑ってた

    これも一色さんの 人徳のなせる技。。

    おそるべし。。

    それでもなんとなくおちつかなくて

    うたをうたってみた

    なんでかはわかりませぬ。。

    よかったら聴いてください

    ダ、ダメ出しされそう。。。

    花火 (cover)

    2017.04.26 Wed

    春しめじのeat shun


    さくらしめじ

    スーパーミラクルきのこバンド仮 として

    はじめてのステージがおわりました

    当日の録音を聴きながら書いてみます

    はじまりは昨年末くらい

    ディレクターIさんとご飯に行きまして

    僕みたいな ふらちなやから に

    バンマスとして サポートしてほしい

    という お話をいただきまして

    その場で オッケーしたのでした

    でも 今まで遊びや ちょこっとしか

    サポートでギターを弾く

    という経験がなく

    すこし不安もありました

    そんな中 年始の しろねこまつり

    ふたりのうしろでギターを弾きました

    それがなんともきもちよくてたのしくて

    このふたりの歌に自分のギター合うかも

    と 勝手に思いまして

    ガゼンやる気がわいたわけであります

    そこからディレクターさんと なんども打ち合わせて

    ぼくが推薦させてもらった友人たち

    Ba まなんちゃん

    Key シーナさん

    Dr OKD

    に大決定しまして

    しかもみんな ふたつへんじと言っても過言じゃないくらい即答でした

    僕なんかのお誘いでも 快く受けてくれて うれしかった

    推薦した理由は

    プレイはもちろん 雰囲気も合うとおもったし

    なにより人柄が すてきな方ばかりでして

    これはいいライブになるぞと おもったのでした

    はじめてこのメンバーで音を合わせたのが2月

    僕以外のメンバーは がくさんひょうがさんと初対面

    緊張感あるスタジオで

    最初はバラバラしてました

    そこから何度もリハーサルしていくうち

    空気も明るくなって

    この6人でのグルーヴが生まれてきて

    そのさまが たまらなくきもちよかった


    毎回 スタジオがたのしかったなぁ

    スタッフさんも含め

    しめじチームは みんなすてきな方ばかり

    本番が近づくにつれて

    楽しさと

    淋しさがおしよせる!

    迎えた4/23

    TOKYO DOME CITY HALL


    楽屋ではみんなそわそわ

    リハーサルでステージへ


    セッティング中もそわそわ

    ふと気づいた

    数年前ディルアングレイ見にきたとこだ

    二階のあの辺で見たなーー

    とか思いつつ

    テンポよくリハーサルスタート

    きもちええ。。

    緊張感はあるものの

    みんなスタジオのときよりいい感じ

    こりゃ本番どうなっちゃうんだ。。


    もうすぐ本番!

    どきどき!

    がくさんひょうがさんとメンバーみんなで気合をいれる

    自分のバンドでは やったことない。。

    たかださんの合図で

    が、がんばるぞーー

    お、おおおお!

    全然あわねーー

    と笑いあってステージへ

    そこからはもうあっという間

    とにかく

    この2ヶ月間 みんな必死にやってきたことが

    爆発したように

    たぶん沢山入ったスタジオの中から考えても

    一番いい演奏だった

    現場で爆発する そういうメンバーです

    でも ミスはたくさんあったし

    反省点もたくさんありました

    たぶん今までのバンドメンバーさまより

    お聴きぐるしい点もあったとおもいます

    でも ふたりが より活き活き歌える

    楽しく歌える 感情豊かに歌える

    そんな部分は 負けてないんじゃないかと!

    なにより自分がたのしかったし。。

    この6人と スタッフさんと過ごした2ヶ月

    めちゃくちゃ 勉強になったし

    まだまだなじぶんも知れたし

    いい経験になりました

    たよりないバンマスで

    たくさん迷惑かけたとおもうけれど

    みんなに支えられて 大成功できたと おもいます

    いつかまた このメンバーでステージに立ちたいなぁ


    そして がくさん ひょうがさん

    僕は君たちのファンだ!

    いろんな面で正反対なふたり

    ギターの好みも違うし

    聴く音楽も違う

    なのに なかよし

    かなり個性的なふたり

    作ってきた曲 それぞれのよさがあって

    歌詞も全然違う視点の曲同士

    なのに テンポやリズムが似てたり 笑

    このふたりがデュオって不思議

    なのに自然な感じもするし

    必然な気もしてくる

    とにかく魅力的ってことですな!

    たぶんふたりはかなり大変だったと思う

    リリース時期でもあり

    進学の時期でもあり

    声変わりの時期でもあり

    そしてステージに 求められること

    たくさん難しいことあったし

    おれからした注文も難しかったろうな

    それでも泣き言もいわず

    がんばるふたりを

    尊敬してます

    ほんと こんごがたのしみ

    ふつうにライブ観に行こ

    あ、観てくれたみなさま

    裏方のわたしにもたくさん感想いただきました

    ほんとにありがたいお言葉ばかりで

    とろけそうです。。

    今夜はいいお酒がのめます。。

    またやりたいなーー!

    ま じ で!

    ありがとうございましたーー!


    2017.04.25 Tue

    I ROCKS 2017


    4/22

    初日に出演させていただきました

    個人的に

    I ROCKSというイベントはすこし特別なんです

    きっとそう思ってる人

    出演者にも お客さんにも

    たくさんいると思うけど

    僕にとってもそうなんです

    全国的にみても

    ホールで開催されるフェスなのに

    こんなにアットホームなの

    ここ以外しらない

    出演バンドのMCでも

    届いてるお花にも

    出店してるお店や 様々なブースにも

    自動販売機にも

    会場のいたるところに

    たくさんの”愛”からロックを感じましたねーー


    僕らは最後に きたない世界 という初期の頃の曲を演ったんですけどね

    そのときさーー

    ラッコメンバー・シネマ・ビーバー・アークル と旧友たちがいい顔して観てくれてるのが見えて

    なんかいろいろ思い出して 泣きそうでした


    例年どおり ひっそりトラブルもありましたが笑


    そんなことどうでもよくなるほど

    今年も最高のステージにできたのは

    I ROCKS だからなのかなと思ったりします

    LACCO TOWER

    メンバー全員すき

    昔から たよれる先輩であり

    負けたくない相手でもあります

    今年も微力ながら

    力になれてよかった

    感謝!!!!

    2017.04.17 Mon

    風に吹かれて

    予告した通り

    あたらしいシングルのお話です

    新曲が2曲と

    ライブ音源が2曲入ってます

    かなり

    自信作です

    いつも言ってるけど

    いつも更新してるきもち

    きのう 15日に

    MVとジャケット写真が公開されました

    映像の監督は ハヤシサトル

    ダンサーは 宮崎遼次郎

    ジャケットデザインは フクモトエミ

    写真は 中島未来

    実はいつもの監督さんが多忙で難しく

    これを機会に ずっと気になってたサトルくんに声をかけてみようと思い立って

    エミスに連絡したら

    あ、こないだちょうどサトルくんと秀吉のMVとか撮ってみたいなんて話ししてたんですよ〜

    なんて言うもんだから

    巡り合わせって不思議なもんで

    まるで必然だったように感じたりする時ありますよね

    まさにそれで

    ダンサーを起用したいと伝えると

    これまたエミソンヌが

    宮崎くんなんてどうでしょ〜

    というものですから

    踊ってる映像見て ビビッときて お声をかけさせてもらって

    よーーく考えたら

    ぼくが今サポートしてる さくらしめじ の

    エミールはデザイン

    サトルくんはスチール

    宮崎くんは前回のワンマンの振付師

    だったんですよ。。

    すごい偶然

    そこにぼくの大好きなカメラマンの未来ちゃん(最近のアー写や「明日はない」の監督も)が参加してくれたからそれはもう最高のものになりますよね。。

    ワンカット撮影は

    みんな初体験で

    もちろんスムーズに行くはずもなく

    信号が赤になったり

    カメラがトラブルになったり

    踊ってる横をおじさんがついてきたり

    なれない外車あるあるの ウインカー出そうとしてワイパー動かしちゃったり

    まーいろいろありましたが

    終えた時の達成感はすごかった

    たまに映ってしまう スタッフの影さえ愛おしいです

    たくさんのかたにみてほしい作品です

    https://youtu.be/LoQodU8S3F0

    快く

    ほんとうに快く

    撮影させてくれて たくさんワガママを聞いてくれた

    クラブフリーズとジャマーズに 最大の感謝を伝えたいです。。

    あと朝方まで エキストラしてくれた 串かつみなみ の店長も。。

    ぼくらは

    愛すべき

    ここ群馬で

    今までも

    これからも

    音楽を発信していきます

    の意思表示と とらえてもらってもよしです

    返さなきゃいけない恩がたくさんあるので

    ここからバンバンいきまっせ

    最後に

    余談ですが

    MVに登場するミニ

    某ディレクターさんのです。。

    撮影終了後の 開放感からか

    コツッとぶつけたのは

    わたしです。。。。

    1 2 3 4 5 8