柿澤秀吉のブログ

    2017.06.23 Fri

    むだいの大音楽祭

    20170617

    club FLEEZ

    むだいの大音楽祭

    無事終演

    昨年のロックンロールツアー中に

    つぎはこれをやろうと思い立ち

    日程を抑えたのは10月ごろだったか

    そこから試行錯誤をくりかえし

    全く新しい ライブハウスの使い方をしようと

    常に店長本多さんと連絡取り合い

    ブッキングから フライヤーから

    全てを僕発信でやってみました

    長かった気がするけど

    過ぎてみれば一瞬だったような

    このイベントの見所は

    何と言っても風ステージだったと思います

    前日の仕込みでは フリーズスタッフが汗水流しまくって

    あんなすばらしいステージができました

    もうひとつライブハウスができたような

    それくらいのものでした

    設営は昼からやってくれてて

    夜は 音の調整でぼくらがリハをして


    おわったのが0時ごろ

    当日早いのに ほんとに頑張ってくれました。。

    当日は9時半入り

    花ステージでリハをして

    出演者みんなが来るのを待つ

    その間にも駆け回って

    なかなか準備に時間かかってしまって

    オープンすこし遅れちゃってごめんなさい

    でも早い時間からたくさん来てくれて

    イベントの最後まで 長丁場

    観る方も大変だったと思うけど

    いい表情をしてライブを見てくれてる姿が

    なによりの糧でしたよ

    本当に ありがとう!

    そして出演してくれた総勢14アーティスト

    1. KAKASHI

    トップバッターを彼らに は絶対でした

    かならず勢いつけてくれると思ったので

    なにがうれしかったかって 颯太のノドが以前よりひらいて 声もよくなってることでした

    ボーカルリストとして 地元の先輩として

    一番心配してたとこだったので

    ここからどんどん ぐいぐい 行ってほしい

    2.polly

    つづくは彼ら 先月ベースが抜けて

    まさか群馬の後輩がメンバーになるとは

    でもケンタ だいぶ溶け込んでたなーー

    あと最近の曲 いいのよねー なにがあったんってくらい

    これまた これからが楽しみなバンドだ

    3.Foxtrot

    ボーカルの峯岸は 秀吉のローディとして

    一緒に色んな町に行った

    そこで吸収したことを バンドに活かしてくれてたらうれしい

    MCでうるうるしてたけど まだまだ泣くには早いよ

    これからきっとそんな瞬間たくさんくるんだから

    4.QWAI

    この人たちとは 会うとバカな話しかしない

    おれらはきっと こじらせ二大バンドと 後輩に裏で言われてるにちがいない

    でも腹抱えて笑いあえる関係って なかなかないと思うし

    大切にしたいと思うバンド

    ライブを見て 再確認しました

    5.kos

    身内からのガヤにも 絶対負けないハートと

    ときに意図せずも 爆笑をかっさらう人

    狙っちゃうと思い切りすべる危険性も兼ね備えていて

    ロックです ロックなコス ロッコス

    秀吉メンバーみんな 彼すきなの

    6.真空ホロウ

    明人くんは出会った当初から かわいかった

    スタイルばっちりのモデル体型になっても そこはかわらない

    なのに歌もギターもうまいんで うらやましいぜ。。

    タカミナさんもかわいかった

    自然体なステージが 今の状態の良さを物語ってました

    7.内田万里(ふくろうず)

    ひさしぶりに会ったけど 印象は変わらなくて安心

    おきにいりのホワイトアルバムTに食いついてくれたのは ふくろうずだけでした

    ごめんね の弾き語りやばかったな

    好きな曲なんでとくに

    8.The Winking Owl

    共演は何年ぶりだろう

    すごく慕ってくれる後輩なんで かってに気持ち入っちゃいます

    いろんなステージを経験してきて いろんなシーンを目撃してきて

    積んできたものが見れてうれしかった

    Ruizaの歌 よくなってたなぁ うんうん

    9.柿澤秀吉(秀吉)

    フクモトと一緒にやりました

    つばきのカバーを歌いました

    こみ上げすぎてあぶなかった

    フクモトのペイントのストーリーが素晴らしかった

    10.tacica

    猪狩くんとは 出会った当時は おたがいあまり話さなかったけど

    なんか今はフラットに いろんな話をする

    ふと思うと それがすごくうれしくて

    ライブも 当時より肩の力が抜けてる感じを受けて

    今のtacicaすごくいいな うん

    11.MOTHBALL

    関係性とかは あまり多く語れないんだけど笑

    はじめてデモを聴かせてもらってから

    純粋にすきなバンドで

    はじめてステージを観れてよかった

    それが高崎でなお うれしかった

    12.カルナロッタ

    知ってる方は知ってるか

    ボーカルのゆうしは元メンバーで それ以前から古い付き合い

    ゆうしが使ってるギターは 当時一緒に楽器屋へ行って

    なぜかおれに試奏させて そのとき購入したもの

    どんどんギターうまくなってて なんかうれしい

    13.GOING UNDER GROUND

    大先輩の登場

    以前から 馴染みのレコスタが同じだったり

    サーキットで一緒だったりはあったけど

    ちゃんとした共演は初でした

    会うたびに共演したいと言い続けて(しつこくは言えないのでさりげなく。。)

    やっと叶った ライブもサイコーだった

    14.松本明人(真空ホロウ)

    サクラのやつ やってくれてありがとう◎

    ほんとかわいいわ アキトラブ。。

    15.ふくろうず

    はいサイコーです

    さいごにまた ごめんね 持ってきちゃうんだもんなー

    群馬にもこういうバンドが出てきたら

    もっとおもしろくなるんだろーなーとか思ってしまった

    我が道感が だれよりも男らしい

    16.秀吉

    このきもちはことばになりません

    ただひとつ

    こころから

    ほんとうにありがとうございました!

    また来年もやれるよう がんばる

    そしてフードで出店してくれた


    CM2CAFE

    おきにいりのレモンパンは とにかくみんなに食べて欲しかったので この日はガマンしました

    案の定 即完売。。。うれしい。。

    ただサンドイッチも くっそうまかったです


    居酒屋 りゅう

    わたしと町田の同級生のお店

    おさななじみのよしみ で

    あのボリュームでワンコインを実現。。笑

    みんなによろこんでもらえてよかった

    さいごにライブペイント


    フクモトエミ

    大作が完成。。

    なんだか ここまで このイベントために

    いろいろがんばってきたことが

    報われた感じがしました

    至らなかった点はたくさんあると思うし

    不慣れで行き届かなかった点もあったと思う

    けど やってよかった!

    こんだけのことをやってのけた!

    と思わせてくれてありがとう

    至らなかった点など 来年はもう少しメンバーにも手伝ってもらおう。。笑

    あとこの日発表できなかったんだけど

    近々アナウンスできることありです

    そのために 身を削って いろいろやってまっせ

    まってろいやー!

    むだいの大音楽祭

    ご来場いただいたみなさま

    ほんとうに

    ありがとうございました!

    2017.06.05 Mon

    むだいの音楽会2017 名古屋・大阪編

    ハルカミライのツアー

    宇都宮・伊那・静岡

    とお伴してきて

    その三日間がかなり濃ゆくて

    むだいの音楽会合間でも

    参加できてよかったなと思った

    各地 若手バンドが よかったのが印象的で

    まだまだおっさんも負けてられんなと

    ハルカミライのみんな

    呼んでくれてほんとにありがとう

    その後

    ぼくらのツアーで名古屋 大阪と

    むだいの音楽会でした

    名古屋では

    phonon

    LUCCI

    とスリーマン

    どちらも 接点はあれど

    バンドでの共演は初で

    こういう形で 出会えてうれしい

    熱の感じるステージで

    見ててわくわくしました

    僕らは いつも 名古屋では

    地元でやるような感覚で望んでる気がします

    変な力が入らなくて とにかく気持ちいい

    それが共有できてる気がして

    ありがとう と思いました

    いい日だったなぁ

    またこのメンツでやりたい

    軽く飲んで

    次ぐ日は大阪

    一年ぶりのBRONZE

    この日はねー

    東京 名古屋 と

    後輩バンドメインで組んだ日と少し違って

    カナタ

    First Impression

    って後輩バンドに混じって

    同世代で付き合いの長い

    カルナロッタ

    Rhycol.

    にも出てもらって

    きもちファイナル感出してみました 笑

    でもこういうのすごくいいなと思った!

    みんなそれぞれ色も違って 世代も違って

    だけど何か繋がってるような

    まさに むだいの音楽会 のそれでした

    心から たのしかった

    こういう日をもっと作りたいなぁ

    がんばります

    ありがとう!


    そしていよいよ

    次は 6月17日 むだいの大音楽祭 です

    キャリア史上最大の 自主企画です

    まさか僕らが

    出演全16バンドのイベントをやるとは

    結成当初は考えもしなかったな

    でもここまでやってきたから

    できることで

    ここまでやってこなければ

    できなかった日で

    活動してきて13年?かな

    その中で出会ってくれたバンドたち

    もちろん それぞれ色も世代も違います

    それでも 秀吉 というバンドで繋がっていて

    点と点が 線になって円になる

    そんな瞬間でございまーす

    確実にいい日になります

    特別じゃない日常の隙間にこそ

    あるべき日になると思います

    最高の音楽用意して待ってます

    2017.05.15 Mon

    むだいの音楽会2017 東京編

    写真がこれしかない

    5/13

    下北沢エラ

    新たなスタートがきれました

    アイロックスぶりのステージ

    緊張感はあったけれど

    本番 ふしぎとすごくリラックスしていた

    気がする

    たぶん。。

    とにかくきもちよかった

    伝わるさまが 眼に映るようでした

    あの瞬間 あの場所にいた

    すべての方と 繋がれた気がする

    たぶん。。

    出演してくれた

    popoq 暮らしのヒント Foxtrot

    ありがとう

    たぶん見るのはじめて

    って方 たくさんいたと思う

    対バンいいからいこー

    ではないところで

    集まってくれた人たちとだから

    作れた空気だったのかなーー

    たぶん。。

    あいすべき後輩たちなので

    よしなに

    ああ!

    ライブ中も うざいくらい言ってたかもだけど

    楽しかった!まじで!

    バンドって 音楽って ライブハウスって

    すばらし

    名古屋大阪とつづきます

    会えますように

    その前に

    ハルカミライのツアーもありますね

    待ってます!

    2017.05.10 Wed

    一色さん

    ぼくが つばき というバンドの曲を

    ちゃんと聴いたのは2006年のことだった

    それまで “下北ギターロック” 的なムーブメントが ザ田舎者 の私としては

    ふん 都会のもんはよーわからん

    と 食わずぎらいしてた時期がありまして

    なかなか出会おうとしなかったんですね

    (今ではすきなバンドたくさんあります)

    そんなとき 当時のタワレコ高崎で

    流れてた曲がすごくよくて

    みたら つばき の 花火 という曲で

    素直に買ったのをよーーーく覚えてる

    そしてその翌年

    2007年の秋ごろ 高崎クラブフリーズ

    はじめての共演

    その頃の僕らといったら

    とにかく爆音で ステージで暴れまわる

    なんとも荒くれた時代で

    それこそ つばき のすばらしい演奏のあとに

    トリの 僕らは ぐちゃぐちゃにやらかして

    イベンターさんに めちゃくちゃ怒られた

    でも あくまでそれがその時の 僕らの表現で

    それが伝わらなかったことが

    すごく悔しくて

    楽屋にもどったら

    さいっこうだったよー 群馬にこんないいバンドがいたんだなー

    と笑ってくれたのが 一色さんでした

    大げさでなく すごく救われたのです

    その頃から たまに 連絡をとりあうように

    2010年頃 一色さんから電話をもらって

    翌年の つばき のイベントに誘ってもらった

    すごくうれしかった

    けれどその数週間後にまた電話をもらって

    脳のこと と イベントの中止を聞いた

    何を言えばいいかわからなかったけど

    またかならずやろうと誓ってくれた

    その3年後

    ステージに帰ってきてくれて

    正夢になった夜 に誘っていただいて

    ほんとに正夢になったのです

    その日 ステージ袖から見てた

    つばき のステージを きっと忘れることはないと思う

    そのくらい すごかった

    太陽 という曲をその時すきになって

    今もよく聴く

    その時渡した テトテの魔法 シングルを

    気に入ってくれて

    特に 夕の魔法のアコースティックがすばらしかったと褒めてくれた

    僕はいつも 一色さんが ポロっとつぶやく一言に 救われてきた

    そんな人に おれもなりたいと思った

    そういえば

    メジャーから 自主になって

    タフになった つばき の姿は

    今の自分たちに 少なからず影響してると思う

    僕らが自主になって 最初のアルバム

    テルハノイバラ

    のレコ発企画にも つばき に出演してもらった

    その時 一色さんとたくさん話した

    自主になってから 名刺を持って

    自分で売り込んでいる と聞いて感銘を受けた

    昨年リリースしたアルバム ロックンロール で

    ようやく僕も そこまで行動できるようになったけれど まだまだ足りてない。。

    ほんとにすごいことを やってるんだなぁ。。

    と実感

    打ち上げでも たくさん話した

    たくさん毒を吐く一色さんに 笑いに笑った

    なかなか会えずとも 音源が完成しては送った

    まさかもう会えないなんて 思ってなかった

    きのう それせか しのさんから連絡をもらった

    テルハノイバラのレコ発企画に

    それせかも出演していたことがきっかけで

    しのさんと 一色さんも仲良くなってくれた

    亡くなる前日に 病院に訪れていたようで

    その時の様子を教えてくれた

    つらいきもち、から

    話していくにつれて

    あの時はこうだったねーとか 昔話に花が咲いて

    次第におたがい笑ってた

    これも一色さんの 人徳のなせる技。。

    おそるべし。。

    それでもなんとなくおちつかなくて

    うたをうたってみた

    なんでかはわかりませぬ。。

    よかったら聴いてください

    ダ、ダメ出しされそう。。。

    花火 (cover)

    2017.04.26 Wed

    春しめじのeat shun


    さくらしめじ

    スーパーミラクルきのこバンド仮 として

    はじめてのステージがおわりました

    当日の録音を聴きながら書いてみます

    はじまりは昨年末くらい

    ディレクターIさんとご飯に行きまして

    僕みたいな ふらちなやから に

    バンマスとして サポートしてほしい

    という お話をいただきまして

    その場で オッケーしたのでした

    でも 今まで遊びや ちょこっとしか

    サポートでギターを弾く

    という経験がなく

    すこし不安もありました

    そんな中 年始の しろねこまつり

    ふたりのうしろでギターを弾きました

    それがなんともきもちよくてたのしくて

    このふたりの歌に自分のギター合うかも

    と 勝手に思いまして

    ガゼンやる気がわいたわけであります

    そこからディレクターさんと なんども打ち合わせて

    ぼくが推薦させてもらった友人たち

    Ba まなんちゃん

    Key シーナさん

    Dr OKD

    に大決定しまして

    しかもみんな ふたつへんじと言っても過言じゃないくらい即答でした

    僕なんかのお誘いでも 快く受けてくれて うれしかった

    推薦した理由は

    プレイはもちろん 雰囲気も合うとおもったし

    なにより人柄が すてきな方ばかりでして

    これはいいライブになるぞと おもったのでした

    はじめてこのメンバーで音を合わせたのが2月

    僕以外のメンバーは がくさんひょうがさんと初対面

    緊張感あるスタジオで

    最初はバラバラしてました

    そこから何度もリハーサルしていくうち

    空気も明るくなって

    この6人でのグルーヴが生まれてきて

    そのさまが たまらなくきもちよかった


    毎回 スタジオがたのしかったなぁ

    スタッフさんも含め

    しめじチームは みんなすてきな方ばかり

    本番が近づくにつれて

    楽しさと

    淋しさがおしよせる!

    迎えた4/23

    TOKYO DOME CITY HALL


    楽屋ではみんなそわそわ

    リハーサルでステージへ


    セッティング中もそわそわ

    ふと気づいた

    数年前ディルアングレイ見にきたとこだ

    二階のあの辺で見たなーー

    とか思いつつ

    テンポよくリハーサルスタート

    きもちええ。。

    緊張感はあるものの

    みんなスタジオのときよりいい感じ

    こりゃ本番どうなっちゃうんだ。。


    もうすぐ本番!

    どきどき!

    がくさんひょうがさんとメンバーみんなで気合をいれる

    自分のバンドでは やったことない。。

    たかださんの合図で

    が、がんばるぞーー

    お、おおおお!

    全然あわねーー

    と笑いあってステージへ

    そこからはもうあっという間

    とにかく

    この2ヶ月間 みんな必死にやってきたことが

    爆発したように

    たぶん沢山入ったスタジオの中から考えても

    一番いい演奏だった

    現場で爆発する そういうメンバーです

    でも ミスはたくさんあったし

    反省点もたくさんありました

    たぶん今までのバンドメンバーさまより

    お聴きぐるしい点もあったとおもいます

    でも ふたりが より活き活き歌える

    楽しく歌える 感情豊かに歌える

    そんな部分は 負けてないんじゃないかと!

    なにより自分がたのしかったし。。

    この6人と スタッフさんと過ごした2ヶ月

    めちゃくちゃ 勉強になったし

    まだまだなじぶんも知れたし

    いい経験になりました

    たよりないバンマスで

    たくさん迷惑かけたとおもうけれど

    みんなに支えられて 大成功できたと おもいます

    いつかまた このメンバーでステージに立ちたいなぁ


    そして がくさん ひょうがさん

    僕は君たちのファンだ!

    いろんな面で正反対なふたり

    ギターの好みも違うし

    聴く音楽も違う

    なのに なかよし

    かなり個性的なふたり

    作ってきた曲 それぞれのよさがあって

    歌詞も全然違う視点の曲同士

    なのに テンポやリズムが似てたり 笑

    このふたりがデュオって不思議

    なのに自然な感じもするし

    必然な気もしてくる

    とにかく魅力的ってことですな!

    たぶんふたりはかなり大変だったと思う

    リリース時期でもあり

    進学の時期でもあり

    声変わりの時期でもあり

    そしてステージに 求められること

    たくさん難しいことあったし

    おれからした注文も難しかったろうな

    それでも泣き言もいわず

    がんばるふたりを

    尊敬してます

    ほんと こんごがたのしみ

    ふつうにライブ観に行こ

    あ、観てくれたみなさま

    裏方のわたしにもたくさん感想いただきました

    ほんとにありがたいお言葉ばかりで

    とろけそうです。。

    今夜はいいお酒がのめます。。

    またやりたいなーー!

    ま じ で!

    ありがとうございましたーー!


    1 2 3 4 5 8